検索
  • ひょっとこ

めんどくさい話

どうも、ひょっとこです。

皆さんお元気でしょうか。私は元気です。

ひょっとこの最近の不満。

年末調整の紙、もう少し見やすくしてくれればいいのに。

もっとフォントとか工夫して、イラストとかも入れてくれたら、

書く方もテンション上がると思うんですよね。

個人的にどこに描いたらいいのか迷うので、

チャートとかつけて、対象者ごとに書く部分を色分けするとか。

提出してくれた人の中から抽選で豪華景品プレゼントとか。

すごいイケボで書き方を説明してくれる動画のURLをつけるとか。

書いて提出したらすごく褒めてもらえるとか。

お金もらえるとか。

どうですか、お願いします。

死活問題なんです。

さて、冗談はほどほどにして、表題の件です。

最近思うのです。

いろんなことがクソめんどくせぇな、と。

人間は動物なので、

何もせずに生きていくわけにはいきません。

まず基本的にものを食べなくてはいけないですし、

呼吸をして、動いて、寝て、排泄しなくてはいけません。

ひとりぼっちでもいられない(少なくとも私はそうです)ので、

人と会って、話して、笑わなくてはいけません。

お金を稼ぎ、使わなくてはいけません。

そのためには働き、他の人とうまくやっていかなければいけません。

色々なことを学び、覚え、実践していかなければいけません。

要するに、生きていかなければいけません。


「生きることは愛することと働くことである」以上、

どうやら人を愛することもしなくてはいけないようです。


あるいは、人間は「考える葦である」以上、

何かについて考えなくてはいけないようです。


「人間は社会的な動物である」以上、

社会とかかわらなくてはなりません。

他にも様々なことをしなくてはいけません。


これって、すごくめんどくさくないですか?

私はめんどくさいです。

たった一日の中で、あるいはたった80年そこらのなかで、

こうも忙しく、いろいろなことをやらなくてはいけないのです。

ただでさえ一日の四分の一くらいは睡眠に使わなくてはいけないのに。

極めつけは、それが一回きりではなく連続性を持たなければいけないということ。

眠っても、時間がたてば眠くなります。

食事をしても、時間がたてばおなかがすきます。

人と話しても、時間がたてば寂しくなります。

色々なことを学んでも、時間がたてば忘れていきます。

めんどくさくてしかたねぇ。

というか、途方もないんです。

途方もない。

さて、

今日一日を乗り切ったということは、

そんなめんどくさい物事を見事こなし終えたということです。

私は、人生は、頑張るものではなく、乗り切るものだと思っています。

だから、何か特別なことはできなくても、

めんどいことをたくさん乗り切った自分に拍手を送りたいと思います。

ぱちぱちぱちぱち。

なんやかんや言っていますが、

死ぬのもめんどくさいですしね。

閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

病気の話

さて、かの有名なショーペンハウアーの「自殺について」を、 このブログの記事の題にするのはいささか傲慢かもしれません。 ただ、今回の記事はかの「自殺について」から端を発するお話なので、 少しだけタイトルをお借りしました。 「自殺」は私の中で大きなテーマです。 そうした中で、ショーペンハウアーの「自殺について」は、 その明瞭なタイトルから、すぐに自殺に興味津々な私に目を付けられました。 ひたすら易しく